製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
Olink
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. 遺伝子改変生物作製

遺伝子改変生物作製

ゲノム編集(Genome Editing, Gene Editing)とは、TAL Nuclease や CRISPR/Cas9 等の Site-specific nuclease を利用して、生物のゲノム上の特定の遺伝子配列を切断することで、ゲノム上の標的遺伝子のノックアウト、外来遺伝子のノックイン、一塩基置換などを行う画期的な遺伝子改変技術です。 本技術は、生物種を問わず、様々な生物種において広く応用できる可能性があり、遺伝子改変生物を作製するための手段として技術革新が進められております。 これまで遺伝子改変が困難であったラットにおいて、XTN TAL NucleaseやCRISPR/Cas9 Nucleaseを使用することで、ご希望のノックアウト・ノックインラットを作製します。

商品一覧

ページトップへ