製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
Olink
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. 免疫組織染色・組織染色 >
  4. 免疫組織染色・組織染色

免疫組織染色

免疫組織染色
抗体を用いた免疫組織染色を実施します

商品説明

組織切片を用いて組織における細胞レベルでの目的タンパク質の局在を調べることが可能です。
免疫組織染色の実績の無い抗体を使用する場合には、別途の費用にて、抗体濃度・不活化処理などの条件検討から対応が可能です。
パラフィンブロック、凍結ブロックから薄切した切片だけでなく、細胞塊などのホールマウントサンプルも対応可能です。
免疫組織染色に使用する抗体は、お客様からご提供を頂くか、こちらで購入の手配をして実費請求で対応をさせて頂きます。






サンプル調製方法



固定法(組織サンプルの調製法)

組織サンプルの固定法としては、パラホルムアルデヒド固定、グルタルアルデヒド固定、
アルコール固定などが一般的ですが、一次抗体の種類によっては固定法を検討する必要があります。
タンパク質の分解を防ぎ、組織の形態を維持するためには、組織を取り出してから速やかに固定を行うことが重要です。また固定液の浸透を良くするために、組織を裁断する必要もあります。また低温下での長時間固定(4℃、12時間等)や固定液の液交換も重要です。

抗体について

◆ 一次抗体について
まず特異性の高い抗体を選ぶのが一番のポイントです。
ウエスタンブロット解析で使用可能な抗体が免疫組織染色に必ずしも使えるとは限りません。
免疫組織染色に実績のある抗体をお選びいただくのが確実です。

◆ 二次抗体について
蛍光抗体もしくは酵素抗体をお選びください。

検出法について

◆蛍光
多重染色が容易ですが、長期保存には向きません。シグナルがシャープで、
細胞内でのタンパク質の局在を調べるのに適しています。

◆発色
保存性が良いですが、シグナルが拡散してしまうので、組織全体でのタンパク質の分布を知るのに適しています。

リスク

本分析を実施の際には、組織に応じたポジティブコントロールの分析を同時に行います。
コントロールで染色が見られているにも関わらず、目的タンパク質のシグナルが確認されなかった場合には、
タンパク量が検出感度以下であるとして結果を報告いたします。
上記の場合も、分析費用は請求させていただく事になりますので、あらかじめ発現量の低いタンパク質である場合や
使用する抗体に免疫組織染色の実施例が無い場合等は、十分にご検討ください。



仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • 免疫組織染色(1スライド)

    5,000円
※1回のご依頼が30,000円(税別)未満の場合には、送料2,000円(税別)が必要になります。








ページトップへ