総タンパク質定量試薬[bradford]

Bradford法に基づいた、溶液中の総タンパク質濃度を正確に定量できる試薬です。

商品説明

Bradford法に基づいた、溶液中の総タンパク質濃度を正確に定量できる試薬 です。Bradford法はCoomassic brilliant blue G250(CBB-G250)を用いた色素結合法で、遊離状態で赤色(吸収極大465nm)を呈色するCBBが、タンパク質と結合すると青色(吸収極大595nm)となる原理を応用した手法です。

サンプル溶液とBradford溶液を混合し、分光光度計やマイクロプレートリーダーを用いて595nm の吸光度を測定します。高温でのインキュベートなどは不要で、短時間で簡便にタンパク質を定量する事ができます。

特長

  • 簡単・短時間の操作で正確な定量が可能
  • 高感度で再現性よく定量可能
  • 非常に低コスト、ルーチンワークにも最適

テクニカルノート

通常法で定量できるタンパク質濃度の範囲と必要試料量

 定量できる
タンパク質濃度
サンプル/スタンダード[×1]
Bradford試薬
試験管・チューブ仕様0.1~1.0mg/ml20μL1000μL
マイクロプレート使用0.05~0.5mg/ml10μL200μL

微量法で定量できるタンパク質濃度の範囲と必要試料量

 定量できる
タンパク質濃度
サンプル/スタンダード[×1]
Bradford試薬
試験管・チューブ仕様2~50μg/ml800μL1000μL
マイクロプレート使用2~50μg/ml160μL200μL

サンプルに含まれていても測定に影響がない化学物質の上限濃度

Bradford法では、タンパク質-化学物質や色素-化学物質の相互作用によって、正確な測定が阻害される場合があります。特に、界面活性剤による干渉が大きいとされている方法です。表に示した化学物質は、表中の濃度以下では影響がないことが確認できています。ただし、この表中の物質の様々な組み合わせについては確認できていないものもあります。

成分許容上限
通常法微量法
酸・塩基HCI100mM2.5mM
NaOH100mM2.5mM
バッファーAcetate600mM15mM
Ammonium sulfase1M25mM
Citrate50mM1.25mM
Glycine100mM2.5mM
HEPES100mM2.5mM
Phospate

2M

50mM

Tris2M50mM
界面活性剤Deoxycholate0.1%0.0025%
SDS0.1%0.0025%
Triton X -1000.1%0.0025%
還元剤Dithiotheitol1M25mM
2-Mercaptoethanol1M25mM
その他EDTA100mM2.5mM
Glycerol100%2.5%
KCI1M25mM
NaCI5M125mM
Sucrose300mM7.5mM
Urea6M150mM

仕様と価格

商品コード商品名内容販売価格(税別)
KY-1020【20%OFF!】総タンパク質定量試薬[Bradford]500mL
[説明書] [SDS]
11,000円
8,800円
(2024/3/29まで)
KY-1020-S【お試しサンプル】総タンパク質定量試薬
[Bradford]
5mL0円