次世代シーケンシング解析

次世代シーケンス解析を利用することで、ゲノム解析、遺伝子発現解析、細菌叢解析(メタゲノム解析)、ChIPシーケンスといった多様な解析に対応が可能です。ショートリードのシーケンサーだけでなく、ロングリードのシーケンサー(PacBio)を利用することで、スプライシングバリアントの解析、Iso-Seq、リピート配列の解析やドラフト配列のギャップクロージングの解析の対応が可能です。 サンプルや目的に応じて、最適なアプリケーションをご提案しますので、お気軽にご相談ください。
エクソーム解析

エクソン領域を限定して回収・シーケンスすることで、低コストに大量のデータ取得が可能です。

キャンサーパネルシーケンス解析

ガン遺伝子について限定的にシーケンスすることで、低コストに大量のデータ取得が可能です。

ゲノム変異解析(DNA-Seq, ホールゲノム解析)

既知配列と比較して変異解析(SNPs、small Insertion/Deletion)を行います。

メチル化解析(バイサルファイトシーケンス)

ゲノム上のメチル化を塩基レベルの高い精度で解析します。

新規ゲノム構築(ゲノム de novo シーケンス)

リファレンス配列の無い生物のゲノムDNAを構築します。

ChIPシーケンス

転写調整因子などのDNA結合タンパク質とDNAとの相互作用を網羅的に確認します。

メタゲノム解析(16S rRNA 領域の細菌叢解析)

サンプル中の細菌叢解析を行います。

PacBioシーケンス

超ロングリードの次世代シーケンス。

RNAシーケンス (RNA-Seq)

次世代シーケンスを用いた遺伝子発現解析をご提供します。