がん関連

TMT™ 試薬を用いた相対定量プロテオーム解析

TMT™ 試薬を用いて網羅的なタンパク質の発現解析を行います。

リン酸化タンパク質の相対定量プロテオーム解析

リン酸化タンパク質にフォーカスしたプロテオーム解析手法です

FFPE組織からのショットガン解析

レーザーマイクロダイセクションとの組み合わせで部位特異的なタンパク質を網羅的に同定します。

Olink Target 96

微量のリキッドバイオプシーサンプルから Low-abundant protein を比較定量。

Olink Target 48 Cytokine

一度の分析でサイトカイン シグナル伝達関連など、45のタンパク質の絶対定量値が得られます。

Olink Flex

炎症・免疫腫瘍・癌・神経疾患などに関連する約200種類のタンパク質から21種類を選択して作製する“カスタムパネル”を用いて、
血清血漿などリキッドバイオプシーサンプルに含まれる対象タンパク質の絶対定量値を得る事ができます。

エクソーム解析

エクソン領域を限定して回収・シーケンスすることで、低コストに大量のデータ取得が可能です。

キャンペーン中
ゲノム変異解析(DNA-Seq, ホールゲノム解析)

既知配列と比較して変異解析(SNPs、small Insertion/Deletion)を行います。

キャンペーン中
PacBioシーケンス

超ロングリードの次世代シーケンス。

キャンサーパネルシーケンス解析

ガン遺伝子について限定的にシーケンスすることで、低コストに大量のデータ取得が可能です。

キャンペーン中
ViewRNA ISH解析

高感度 in situ hybridization (ISH) を実施します。

レーザーマイクロダイセクション

レーザーマイクロダイセクション(LMD)で回収したサンプルを納品します。

抗腫瘍効果試験

検体の抗腫瘍効果を、担癌マウス・ラットを用いて評価いたします。