FFPE組織からのショットガン解析

レーザーマイクロダイセクションとの組み合わせで部位特異的なタンパク質を網羅的に同定します。

サービス概要

FFPE は、臨床現場で採取された膨大な量のサンプルが良好な状態で保存されており、また、疾患の進行度などの臨床的情報が付随しています。従来の病理学的な視点では、個別の治療法の確定に限定されてきましたが、網羅的で定量的なプロテオーム解析を行うことで、新しいバイオマーカーの発見につながる可能性があるとして、今、注目されています。

弊社では、FFPEからのペプチド回収法を独自に確立しています。この方法により、ホルマリンによるクロスリンクを効率よく外し、ペプチドを高収率で回収します。
また、FFPEサンプルでは、さまざまな修飾を受けている可能性があります。それらを考慮した解析を行う事で、貴重な検体から最大限の情報を引き出します。

仕様

必要サンプル量体積80nL 相当(例: 厚さ 10μm, 2 mm x 4 mm )以上 のFFPE組織切片
(HE染色を推奨。その他の染色方法についてはご相談ください)
サービス内容● サンプル前処理
  ┗ FFPEサンプルからのタンパク質抽出・精製
  ┗ 酵素消化・精製
● LC-MS/MS分析
  質量分析計: Orbitrap Exploris 480 (Thermo Fisher Scientific)
  HPLC : Vanquish Neo (Thermo Fisher Scientific)
● データ解析
  ┗ 同定タンパク質リスト
納期サンプルをお受け取りした日から 1.5~2ヶ月 程度
 ※ サンプルを受け取るタイミングによっては、前後する場合があります

オプション

FFPE組織ブロック作製・切片作製・目的部位の切り出し

別途費用が必要ですが、FFPE組織ブロック作製・切片作製や目的部位の切り出し(レーザーマイクロダイセクション:LMD)の受託サービスもございます。LMDは、目的の細胞、組織を顕微鏡で観察・確認しながら、特定の領域のみをレーザーで切り出して回収する手法です。目的部位だけのみを解析に使用することで、バックグランドが低く特異性の高いデータを得る事ができます。

レーザーマイクロダイセクション
価格 148,000円(税別)~

価格

商品コード商品名内容販売価格(税別)
 【60%OFF!】FFPE組織からのショットガン解析 500,000円
200,000円
(2024/2/29まで)

参考資料

関連情報

LC-MS/MSによるショットガン解析
分離能の高いLC-MS/MS分析を用いて、組織,細胞 等から網羅的にタンパク質を同定します。
リン酸化ショットガン解析
リン酸化ペプチドを濃縮・精製した後に LC-MS/MS分析を行います。
TMT™ 試薬を用いた相対定量プロテオーム解析
TMT™ 試薬を用いて網羅的なタンパク質の発現解析を行います。
LC-MS/MSによるゲル内タンパク質同定
LC-MS/MS分析を用いて微量なサンプルから高感度にタンパク質を同定します。
Olink Target 96
微量のリキッドバイオプシーサンプルから Low-abundant protein を比較定量。
Olink Target 48 Cytokine
一度の分析でサイトカイン シグナル伝達関連など、45のタンパク質の絶対定量値が得られます。
Olink Flex
炎症・免疫腫瘍・癌・神経疾患などに関連する約200種類のタンパク質から21種類を選択して作製する“カスタムパネル”を用い……
【インタビュー】 ユーザー第一/高品質/誠実に、そして大胆に。研究者と伴走する受託サービス
古くは阿波藍の産地として発展し、現在はLED発祥の地としても知られるサイエンスを育む徳島に拠点を置くアプロサイエンスグル……
【インタビュー】 「探偵」と「職人」が手がけるプロテオーム解析はあらゆる分野へ!
日本の研究.com にて、私たちのプロテオーム解析受託サービスを取り上げて頂きました! ぜひご覧ください。